2017.01.02

重賞馬の一族、ロードアルバータは
悲願のクラシック戦線に入れるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

「普段はやんちゃなタイプのようですが、いざ走り出すと『すごくいい』ということですね。馬体もよくて、この馬は確実に走ってきそうな雰囲気です。数々の名馬に携わってきた角居厩舎が期待を込めているのですから、間違いなく新馬戦では勝ち負けしてくるでしょう」

 熟練のスタッフも、調教での動きに手ごたえを感じているというロードアルバータ。初戦は、1月5日の3歳新馬(京都・芝2000m)となる予定だ。まずはこの舞台を確実に突破して、クラシック路線を目指すのが、今後の青写真となるだろう。

 先述のとおり、活躍馬の多いファミリーではあるが、まだクラシックで上位に食い込むまでには至っていない。はたして、同馬はその領域までいけるのだろうか。先述のトラックマンが分析する。

「きっちり走ってきそうですが、クラシックレベルかと言われると、どうしても"大物感"という意味で劣るかもしれません。ただ、ディープインパクト産駒のいかにも走りそうなタイプで、デビュー前の時点ではかなりのレベルに達しています。実戦の走り次第では、大舞台も見えてくるのではないでしょうか」

 3歳になってからの"遅いデビュー"ではあるが、目標とした実戦をひとつひとつクリアすることができれば、クラシックには十分に間に合うはずだ。名門厩舎が期待する1頭となれば、その可能性は一層膨らむ。

 この春、ロードアルバータは激戦を勝ち抜いたエリートの輪の中に加わっていけるのか。年明け早々のデビュー戦を注視したい。