2016.05.19

4戦連続上がり最速! チェッキーノがオークスで兄の無念を晴らす

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki   photo by Nikkansports

 今週5月22日(日)は、東京競馬場で牝馬クラシックレースの最高峰・GIオークス(芝2400m)が行なわれる。桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)の勝ち馬、ジュエラーは骨折により回避し、断然の1番人気だったメジャーエンブレム(4着)は先週のNHKマイルCに矛先を変えたことで、ハナ差2着だったシンハライトの1番人気が予想される。

 しかし、GI桜花賞不出走組からも魅力的な馬が多数参戦する。その中から、GIIフローラS(4月24日/東京・芝2000m)を制したチェッキーノ(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父キングカメハメハ)を取り上げよう。

チェッキーノは前走フローラSで3馬身差の快勝!

 チェッキーノはここまで4戦3勝。昨年11月の新馬戦(東京・芝1400m)では2着に敗れたが、重馬場でも上がり3ハロン34秒8のメンバー中最速タイムを計時した。続く2戦目(中山・芝1600m)は豪快な差し切りで2馬身差をつけて初勝利を挙げると、続くOPアネモネS(3月12日/中山・芝1600m)も差し切って快勝。GI桜花賞の出走権を獲得したが、疲労が抜けず回避し、前走のGIIフローラSを勝利してここに臨んできた。