2015.06.26

【競馬】宝塚記念で、昨年のクラシック馬2頭が復活する!

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Nikkan sports

 春のGI戦線の総決算ともいえる宝塚記念(阪神・芝2200m)が6月28日に行なわれる。断然の主役と目されているのは、勝てば史上初となる中央競馬同一平地GI3連覇という偉業を成すゴールドシップ(牡5)である。

昨年のダービー馬、ワンアンドオンリーが宝塚記念で復活を期す

 5月3日に行なわれたGI天皇賞・春(京都・芝3200m)では、苦手とされていた京都コースを持ち前のスタミナを生かすロングスパートで、念願の天皇賞のタイトルを手にした。この勢いに加えて、前述の通り、宝塚記念2勝を含めて阪神コースは7戦6勝と好相性。敗れたのは2着だった2歳時のラジオNIKKEI杯2歳ステークスのみということもあり、”クセ者”のゴールドシップとて、ここは信頼に値するという高い評価に結びついている。

 さらにゴールドシップの評価を押し上げている要因のひとつに、ステイゴールド産駒のこのレースとの相性も挙げられる。ゴールドシップのほか、オルフェーヴル、ナカヤマフェスタ、ドリームジャーニーによって過去10年間で5勝。これだけでも驚異の数字なのだが、驚くべきは種牡馬ステイゴールドの産駒が初めて宝塚記念に出走したのが2009年(勝ち馬ドリームジャーニー)で、実質は6年で5勝、しかも延べ出走頭数はわずか10頭という高い勝率を誇っているのだ。