2012.10.26

【競馬】岩田康誠「今年は必ずリーディングジョッキーになる」

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Nikkan sports

――それは、どういう意味ですか?

「僕の騎乗フォームについて、関係者の間では結構批判があるんですよ。『あいつは、フォームが滅茶苦茶や』とか『なんで、馬の上でタコ踊りをやってんねん』とか、酷いことを言われています(笑)。でも、僕には僕の乗り方があって、騎手はそれぞれ自分に合った乗り方というものが、あるのではないかと思っています。そして、大事なのは、結果を出せるかどうかなのではないでしょうか。だから、どうしてもリーディングを獲りたい。それで、批判する人たちを見返したい。こんなこと言うから、また『岩田は言動に問題がある』なんて言われてしまうんですけどね(笑)」

――自分の騎乗について、進化していると感じる部分はありますか?

「ぜひ今度、位置取りを見てみてください。何年か前の位置取りと今の位置取りを比べたら、今のほうが明らかに前で競馬をしていると思います。そして、どんな馬が競って来ようとも、頑として引かずに自分の馬の位置取りをキープします。自分では、そこが一番変わったところかな、と思います」

――では、最後に来年のクラシックを目指す2歳馬についても、話を聞かせてください。今年も岩田騎手が騎乗して勝ち上がった馬で、将来有望と言われている馬が何頭かいます。現段階で一番の期待馬というと、どの馬ですか?

「いっぱいいますけど、一番はラウンドワールド(牡2歳)ですね」

――札幌2歳Sでは、惜しくもコディーノ(牡2歳)の2着でした。

「あのレースは、僕が大事に乗り過ぎてしまいました。後方からの競馬でも勝てると思っていたのですが、相手も強かった。ただ、あの負けは決して力負けではありません。馬としての器は大きいし、期待しています」

――ラウンドワールドもまた、岩田騎手が騎乗してクラシックを制したジェンティルドンナやディープブリランテと同じディープインパクト産駒です。ディープ産駒は、やはり走りますか?

「ディープ産駒は乗っていて楽ですね。トップランクの種牡馬でも、ある馬の産駒はうるさかったり、トモ(後肢)が緩かったり、あるいは何かが少しだけ足りなかったり、それぞれに欠点が目につくものです。しかし、ディープ産駒は素直でどんな競馬もできる馬が多い。『さすがやなぁ~』と思わず唸るくらいオヤジのいいところを受け継いでいます。だから走るんでしょうね」

――そうすると、ラウンドワールドへの期待も膨らみますね。

「休養後、ラジオNIKKEI杯(12月22日/阪神・芝2000m)から始動すると聞いていますが、そこで強敵相手にどんな競馬ができるか。もしそこで期待どおりの結果を残せれば、ちょっと気が早いですけど、来年のダービーが楽しみになります。それくらいの器だと思っています」

岩田康誠 (いわた・やすなり)
1974年3月12日生まれ。兵庫県出身。2006年に地方の兵庫県競馬から中央競馬(JRA)に移籍。初年度から126勝を挙げて、全国リーディング3位となる。以来トップジョッキーとして活躍。重賞51勝、うちGI17勝(地方騎手時代に獲得したものも含む)。JRA通算942勝、2012年=107勝(全国リーディング2位)※2012年10月25日現在