2020.08.06

【木村和久連載】実際のところ、
名門コースと大衆コースは何が違うの?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

◆美女ゴルファー「フォトギャラリー」>>

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第267回

 ゴルフ会員権の相場表を見てみると、30万円ぐらいのコースから3000万円ぐらいのコースまで、実にバラエティーというか、幅広い価格設定で数字が並んでおります。

 じゃあ、この100倍の価格差、それだけの違いって何? と思いますよね。

 高額コースはさぞかし豪華で、レースクイーンみたいなキャディーさんが付いて、OBなんかないとか?......って、冷静に考えて、そんなコースはないでしょ。

 まあ、コースだけで見れば、手入れのよさの違いぐらいの差です。30万円のコースも、3000万円のコースも、さほど変わりません。どこも、オバちゃんキャディーが多いし、難易度もコースレートによって査定されますから、大きな違いはないでしょう。

 じゃあ、いったい何が違うんだ?

 というわけで、お手頃な大衆コースと高額な名門コースとの違いを、細かく分けて分析してみましょう。

 一番違いがわかるのは、ズバリこれです。

(1)メンバーの年収
 そりゃ、2000万円~3000万円の高額コースのメンバーさんが、ホームレスでありながらせっせとお金を貯めて会員権を購入した、なんてことはまず考えられません。

 やはり高級住宅地に住んでいて、ガレージには高級車が2台ぐらいあって、ゴールデンレトリバーのワンちゃんがいて、そのワンちゃんは散歩の時も決してリードをぐいぐい引っ張らないとか......そういう方々ですよ。

 おおよそ、どこぞの有名企業の役員とか、老舗の若旦那とか、あるいは裸一貫で成功したIT企業のオーナーとかね。とにかく、高額コースのメンバーさんは社会的な成功者が多いです。