2019.12.01

「ピンを狙っていく」渋野日向子が
シーズン最後もミラクルで締める

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 たとえ賞金女王は意識せずとも、最終戦で勝つことは、強く意識する。優勝に向け、「攻めるしかない」という考えは鈴木と同じだ。

「まだチャンスはある。最後まであきらめないことが大事だとは思うんですけど、ショットがよければスコアにはなると思う。そこを調整して、あとは、気持ちの問題。強気で攻めることが大切だと思います。今日みたいなゴルフはしたくない。出だしから(ショットが)ショートするようなゴルフをせず、ピンを狙っていきたい」

 3日目を「50点」と自己採点しながら、優勝への自信を訊ねられると、渋野はこう返した。

「今日の感じだと、60%ぐらい。明日は悔いのない一日に」

 つまり、射程圏内ということだろう。もしかしたらもしかする展開を、誰より期待しているのは、渋野自身かもしれない。

関連記事