2017.07.20

【木村和久連載】ゴルフではなぜ、
アドバイスとレッスンが禁止なのか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 もっとも、ラウンド中に「右肩が落ちている」とか、「スエー(体が横に揺れる)している」とか言われてもね……。それは、アドバイスというより、嫌がらせですよ。そのひと言で相手のペースを崩す作戦にしか見えません。

 個人的には、アドバイスされると叩くので、何も言わないでほしいです。

アドバイスにしろ、嫌がらせにしろ、同伴プレーヤーから何か言われるのは勘弁してほしいものです... 同様に、キャディーさんも余計なお世話が多いですよね。第1打を打つや、「はい、あんたは7番アイアンね」って、次に打つクラブを渡してきたりしますから。これは、アドバイスを超えた”強要”ですよ。

 私はキャディーさんからクラブを渡されたら、「すごく面倒くさい客だから、自分でやります。必要なときにだけ言いますから」と先に言います。そうすると、キャディーさんは「この客は面倒だなぁ……。あまり近寄らないほうがいい」と思って、その後は積極的に関与しなくなります。

 だいたい、残り60ヤードを8番のユーティリティーで寄せる人間ですよ、自分は。キャディーさんも何のクラブを渡せばいいのか、理解不能でしょう。

 しかも、30ヤードぐらいの寄せに、4本くらいクラブを持っていきますからね。大概のキャディーさんは嫌な顔をします。結果、クラブの回収時には、こっちが「重くて、すみません」って、気を使うハメになるんですけどね。