2016.09.03

【内藤雄士ゴルフレッスン】
「ハンドファースト」を覚えよう

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

●常に体の回転を意識すれば、おのずと理想のスイングに


ボール位置よりも手元が前に来るのが「ハンドファースト」。この形のままインパクトすることで、円運動の最下点でボールを捉えることができる。
    ボールを上げようとしたり、手先でクラブを下ろしてしまうと、手首の角度が変わってしまい、ハンドファーストでインパクトすることができない
   
ハンドファーストの形はあくまでも結果的にできるのが理想。意識すべきは体の回転で、しっかりテークバックとフォローで体を回すことが重要。腕の力は必要ない。以前紹介したように、ボールを使って、感覚をつかんで。