2021.02.13

メッシと同種の能力。ペップがシティの「新マジシャン」に固執する理由

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第45回 フィル・フォーデン

<メッシと同種の能力>

 プレミアリーグ第23節、マンチェスター・シティのフィル・フォーデンは、リバプール戦のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。1ゴール、1アシスト。アウェーでの4-1快勝の立役者である。

マンチェスター・シティで、才能をいかんなく発揮しているフィル・フォーデンマンチェスター・シティで、才能をいかんなく発揮しているフィル・フォーデン  1-1で迎えた73分、ふたりのDFの間をすり抜けて右ポスト近くまで食い込み、左足のアウトでラストパスをイルカイ・ギュンドアン(ドイツ)へ届けた。83分にはペナルティーエリア右角あたりからドリブルで仕掛け、左足アウトでのカットインから強烈なシュートを叩き込んでいる。

 このアシストとゴールには、フォーデンの才能がよく現れていた。

 カットインからのゴールは、左足アウトのタッチから3歩でシュートしている。左足のタッチで1歩、右足の踏み込みで2歩、そして3歩目でシュート。かわしてからワンステップでのシュートだった。スピードに乗った切り返しからワンステップで蹴っているので、DFのシュートブロックは間に合わない。

 アシストのほうも、トップスピードでゴールライン近くまで行って、左足アウトで通している。シュートもパスも、常に足下からボールが離れていない。それをトップスピードで行なっているところがすばらしく、リオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)と同種の能力と言える。

 まずファーストタッチが格別で、ボールがピタリと止まる。これができるので相手選手の「間」でパスを受けられるのだが、ボールが止まるだけならあまり意味はない。フォーデンはボールがほとんど動かないぐらい静止させられるだけでなく、次のプレーに移行できる場所に止めている。すぐに蹴れる、運べる場所に止めているので、ボールを止められることに意義があるわけだ。

 トップスピードのドリブルでもフォーデンとボールの関係性は変わらず、すぐに次のプレーができる場所にボールがある。リバプール戦のゴールとアシストは、フォーデンの利き足(左足)からボールが離れていないから生まれたと言える。