2021.02.12

元オランダ代表の地獄からの生還。YouTuberとなって暴露連発&若手に忠告

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

あのスーパースターはいま(6)後編
前編を読む>>

 西ドイツに3度目のW杯優勝をもたらしたアンドレアス・ブレーメと、イングランドをW杯4位に導いたポール・ガスコイン。国民的英雄となった2人だが、現役引退後、スーパースターの面影はなかった。苦難とスキャンダルにまみれ、落ち着いた生活を取り戻すまでに長い年月がかかった。

 一方、一度はどん底に落ちながらも、見事に復活をとげたのは、元オランダ代表のアンディ・ファン・デル・メイデだ。彼については現役時代から話をする必要がある。

 ファン・デル・メイデは多くの優秀な選手を輩出しているアヤックスのユースで育ち、17歳でトップチームデビューしたエリート選手だ。代表ではU-15からすべての年代別カテゴリーを経験し、23歳でフル代表入りを果たしている。スピードがあり、テクニックに優れ、サイドでの1対1の戦いには驚異的な強さを見せた。プレーは正確で鋭く、現代的なウイングに必要なすべてを持っていると称賛された。

 当時のアヤックスにはクリスティアン・キヴ、ヴェスレイ・スナイデル、ラファエル・ファン・デル・ファールト、ズラタン・イブラヒモビッチなど、未来のスターたちがそろっており、国内では2冠を達成している。イブラヒモビッチとは、どちらも優等生タイプではなかったこともあり、ウマがあった。

「オランダを代表するウイング」と呼ばれたアンディ・ファン・デル・メイデ「オランダを代表するウイング」と呼ばれたアンディ・ファン・デル・メイデ  しかし、「時期尚早だ」と止めるロナルド・クーマン監督の反対を押し切り、イタリアのインテルに移籍した頃から、ファン・デル・メイデのツキはどんどん落ちていった。ファン・デル・メイデを呼んだはずの監督のエクトール・クーペルが、彼を見て開口一番、「こいつは誰だ?」と言ったのは有名な話だ。

 ミラノに行って1週間後には、アヤックスのチームマネージャーに、「オランダに戻りたい」と電話している。10月に監督がアルベルト・ザッケローニになると、彼はほとんど使われなくなり、翌シーズンのロベルト・マンチーニ体制下では完全にベンチ要員になった。