2020.09.17

武藤嘉紀、エイバルへ。
泥臭く戦うチームで求められる役割は?

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO

◆シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

ニューカッスルからエイバルへの期限付き移籍が発表された武藤嘉紀「武藤がエイバルの前線を強化する!」

 スペインの大手スポーツ紙『マルカ』は、そう報じている。

 9月16日、リーガ・エスパニョーラのエイバルは、プレミアリーグのニューカッスルに所属する日本代表FW、武藤嘉紀(28歳)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2020-21シーズン終了まで、背番号は12に決まった。すでに在籍する乾貴士とは、日本代表としてロシアワールドカップでともに出場。同一チームに複数の日本人選手が在籍するのは、リーガ史上初めてのことになる。

 ドイツ、イングランドを渡り歩いてきた武藤は、新天地スペインで輝くことができるのか?

 エイバルは1部残留を目指し、有力なストライカーを探し求めていた。

 昨シーズン、チームで2番目に多い得点を記録したブラジル人FWシャルレスは36歳と高齢なこともあって、契約を解除した。得点数トップはチリ代表MFのファビアン・オレジャーナで、こちらは同じ1部のバリャドリードに売却した。後釜として、元バルサのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(エバートン)などにアプローチしていたが、資金的に苦しいだけに、契約に至らなかった。開幕戦はホームにセルタを迎えたが、決定力を欠いてスコアレスドローだった。

 FW武藤は救世主として迎えられることになる。それだけに、ゴールという結果が求められるだろう。

 その点で不安があるのは確かだ。

 過去2シーズンの合計で、武藤はリーグ戦1得点、カップ戦1得点に終わっている。今シーズンはニューカッスルで構想外になっていた。数字は雄弁で、現地メディアはどこもこのことを厳しく指摘している。

 武藤はストライカーとして非凡な能力を持っている。テクニック、パワー、スピード、インテリジェンスなどを総合的に持ち合わせており、真ん中だけでなく、サイドでもプレーできる。ブンデスリーガの3年目には、マインツで二桁得点を記録(カップ戦を含む)。そのポテンシャルは高く、ロシアワールドカップでもポーランド戦でピッチに立っている。