2020.07.11

南野拓実がリバプールで初めて見せた得意技。
短い時間で示した変化の兆し

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 南野拓実も悔しさを募らせたことだろう。

 7月8日に行なわれたブライトン対リバプール戦で、南野は後半42分から途中出場。ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノとの交代で4−3−3のCFに入り、6分のアディショナルタイムを合わせて約9分間プレーした。

ペナルティエリアで決定機を迎えた南野拓実 日本代表FWに決定機が訪れたのは2回。

 後半45+4分、南野はファーサイドに走り込み、左SBアンドリュー・ロバートソンのクロスボールに合わせようとした。だが、直前のところで相手GKがカット。決定的なチャンスだっただけに、南野も両手を広げて悔しがった。

 もうひとつの決定機は、後半45+6分に訪れた。ジェームズ・ミルナーの縦パスを、南野は半身の状態から前方にトラップ。素早く身体を前に移してマーカーを交わし、DFラインの背後に抜けた。だが、192cm・88kgの巨漢DFルイス・ダンクから体当たりを受けると、南野は体勢を崩し、シュートまで持ち込めなかった。

 その直後に試合終了。いずれの場面もゴールに近づいたが、チャンスをモノにできなかった。

 とくに、ふたつ目の場面は、南野の得意とするプレーだった。

 味方から縦パスが入ると、「前方+マーカーの届かない」場所にボールをトラップ。素早く身体を前へ移し、ファーストタッチでDFラインの背後に飛び出した。日本代表やザルツブルクでも同様の流れから敵のマークを剥がし、フリーになってゴールを決めてきた。

 このプレーに以前から注目していたのが、解説者を務めるエイドリアン・クラーク氏だ。現役時代にアーセナルでプレーした経歴を持つクラーク氏は、「パスを受けてからファーストタッチで前を向き、敵をかわしてシュート」のプレーを、南野の「最大の持ち味」と話していた。

「ドラッグバック(※足の裏でボールを引いてターンするフェイント)をうまく取り入れている。ファーストタッチで相手のマークを外し、決定的なチャンスを生み出している。俊敏性とテクニックを上手に生かしていると言えよう。