2020.01.30

安西幸輝が描く未来図。ステップアップして
一緒にプレーしたい友がいる

  • 佐久間秀実●取材・文 text by Sakuma Hidemi

 ポルトガル南西のリゾート地、ポルティマンを本拠地とするポルティモネンセ(ポルトガルリーグ1部)に、昨年7月に加入した安西幸輝。シーズン当初からフル出場を続け、リーグ17位(第18節終了時)と苦しむチームで奮闘している。

 安西は東京ヴェルディユースで育ち、2014年にトップチームデビューを果たすと、右サイドバックのレギュラーを奪取。2018年に移籍した鹿島アントラーズでも活躍を続け、翌年3月には日本代表入りも果たした。

 確実にステップアップを果たしてきた安西に、ポルトガルでのプレーを選んだ理由、日本代表への思いなどを聞いた。

昨年7月、鹿島からポルティモネンセに移籍した安西©Portimonense SAD ――ポルティモネンセへの移籍を決意した理由は?

「東京ヴェルディのユースの先輩でもある中島翔哉選手が、このチームで活躍して(同リーグの強豪・)FCポルトに移籍するのを見て、僕もそうなりたいと思って移籍を決意しました」

――プロ1年目のオフにはプレミアリーグのウエストハムに短期留学をしていますが、海外移籍は昔から意識していたのですか?

「プロ入りが決まった頃は、『まずは試合に出られればいいや』と思っていたんですけど、人って欲が出るじゃないですか(笑)。ルーキーイヤーの開幕戦でスタメン出場し、シーズンも41試合(J2)に出ることができたので、『もしかしたらJ1や海外でもプレーできるかも』と思い、オフ期間を利用してウエストハムに短期留学をしてみたんです」