2018.10.05

香川真司抜きでモナコに完勝。
ドルトムントの「超速路線」が結実

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第2週、ドルトムントはホームにモナコを迎えた。

 両者の対戦で思い出されるのは2017年4月のCL準々決勝。ドルトムントのチームバスに爆弾が仕掛けられ、爆発によってマルク・バルトラ(現ベティス)が負傷し、手術を受けなくてはならなくなった、あの事件のことだろう(結果は2戦合計3-6でモナコが準決勝に進出)。

 事件については、テロなどではなく、単独犯による単発のものだったこともあって、風化しつつある。この日の試合も特に警備が厳しくなることはなく、いつもどおりのボディチェックと荷物検査が行なわれていた。

 両チームとも、前回の対戦時からメンバーが大きく変わった。ドルトムントはウスマン・デンベレ(現バルセロナ)やピエール・エメリク・オーバメヤン(現アーセナル)が抜け、モナコはキリアン・ムバッペがパリ・サンジェルマンへと羽ばたいた。また、当時はモナコの選手としてピッチに立ったDFアブドゥ・ディアロが、この日はドルトムントの一員として戦っていた。

 香川真司に関しては、前日にルシアン・ファブレ監督が行なった記者会見のなかで、「負傷」とだけ発表されていたが、試合直前になってクラブツイッターで「足首の問題」と具体的に部位についての言及があった。香川の足首といえば、今年2月のハンブルガー戦で痛め、試合中に自らプレーを切り上げたところ。その古傷が治りきっていなかったということなのか、それともまったく別のケガなのかは、まだわからない。

 試合はドルトムントが3-0で快勝した。2017年は2連敗の完敗だったが、今回は違った。