2018.07.14

苦しい時には必ずモドリッチがいる。
旧ユーゴ内戦を乗り越えた男の本性

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 藤田真郷●写真 photo by Fujita Masato

 それでも、彼らにはモドリッチがいる。

「バロンドール? 自分の願いは、クロアチアの選手としてトロフィーを掲げることだけだよ。優勝したら、選手みんなで髪を染めることになっているんだ」

 そう語るモドリッチは、子供の頃にボールを蹴っていた純粋さを失っていないように見えた。それこそが彼の本性であるのかもしれない。

◆クロアチアのサイドチェンジは美しい。イングランドを下し決勝進出>>

◆セレソンは甘やかされていた。チッチ監督は続投も、ネイマールは正念場>>

関連記事