2018.04.24

「カルチョの星」となったローマ。
CL初制覇へ因縁のリバプールと激突

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

 ずいぶん久しぶりに”イタリアの意地”を見た気がする。

バルセロナに劇的な勝利を収め、CLベスト4に進出したローマ

 アズーリは2006年に4度目のW杯優勝を遂げた後、続く2大会はグループステージで敗退。そしてロシアW杯の予選ではプレーオフで散り、60年ぶりに世界の檜舞台(ひのきぶたい)への出場権を逃した――この夏、フットボールファンの多くは、イタリアのいないW杯を初めて観ることになる。

 計画性のないサッカー協会、枯渇するタレント、競争力に乏しい国内リーグ……。さまざまな問題を抱えるカルチョの国は、凋落(ちょうらく)へ突き進んでいるように見えた。

 クラブレベルでも、2010年にインテル・ミラノが欧州を制して以来、イタリア勢は他国のビッグクラブの戴冠を眺めてきた。近年のチャンピオンズリーグ(CL)で唯一、トップレベルの強豪と渡り合ってきたユベントスも、昨季と3年前の決勝で完敗。準優勝の最多記録を7に伸ばし、悔しさを募らせている。

 かつて栄華を誇ったイタリアが、代表とクラブの至高のステージで主役を演じる姿はもう見られないのではないか。カルチョを取り巻く根深い問題を見聞きするたびに、そんな懸念さえ頭をもたげた。

 しかし彼らは死んでいなかった。いや、死の淵から蘇ったというほうが適切かもしれない。現地時間4月10日の夜、イタリア勢が久しぶりにトップレベルの戦場でメインキャストを張り、欧州全土を揺さぶった。

 震源地はイタリアの首都ローマだ。前週のCL準々決勝第1戦で、FCバルセロナに1-4で敗れたASローマは、不可能かと思われたタスクを見事に完遂した。