2017.09.19

岡崎慎司、連続スタメン落ち。
バーディーの相棒に選ばれるためには…

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 レスター・シティの岡崎慎司が、2試合連続で先発メンバーから外れた。

 前節のチェルシー戦は、日本代表として参加したW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦の4日後に行なわれたことから、「長旅をしてきたので休みを与えた。戦略的理由で欠場させた」(クレイグ・シェイクスピア監督)。そのため、地元紙『レスター・マーキュリー』では今節ハダースフィールド戦での先発復帰が予想されていたが、岡崎はベンチスタートとなった。第3節まで2得点を挙げる活躍で好調をアピールしていたものの、ピッチ上でキックオフの笛を聞くことはできなかった。

試合後にバーディーと健闘を称え合う岡崎慎司 岡崎の代わりに2トップの一角に入ったのは、新戦力のFWケレチ・イヘアナチョ。2500万ポンド(約37億円)で加入したナイジェリア代表FWがジェイミー・バーディーとコンビを組むことになったが、チームの攻撃はまったくと言っていいほど機能しなかった。

 最大の原因は、この2トップの編成にある。攻撃マインドの強いイヘアナチョは守備の意識が希薄。ボールを追いかける仕草は見せるが、あくまでも形式だけのランにとどまり、チームのプレッシングはまるで機能しなかった。バーディーも同じスピードタイプFWであることから、ふたりが最前線で真横に並び、ただスルーパスを待つシーンも少なくなかった。