2014.04.09

初ゴール!本田圭佑が初インタビューでミランを語る

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari
  • 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

オフィシャル誌編集長のミラン便り(13)

 待ちに待った本田圭佑のインタビューが実現した。イタリア滞在14週目にしてついに本田は2つの日刊紙、ガゼッタ・デッロ・スポルトとラ・レプッブリカの取材に応じたのだ。

ジェノア戦でセリエA初ゴールをあげた本田圭佑(BUZZI/FOOTBALL PRESS) フィオレンティーナ戦、キエーボ戦と2試合連続して調子が良かったことが追い風となり、ミランの広報も本田を説得することができたのだろう。最後に(というか唯一)彼が公に言葉を発したのは、この1月の入団記者会見まで遡(さかのぼ)る。それだけにこのインタビューは画期的な出来事と言わざるを得ない。

 本田の初インタビューの舞台はミラネッロ。インタビュアーはまず、現れた本田の服装のエレガントさに目を見張ったようだ。紺のダブルのスーツに紺の柄物のネクタイ、ポケットチーフにピンクのシャツ。両腕にはカルチェの時計をしており、ひとつはイタリア時間、もうひとつは日本時間を示しているという。

 インタビューの内容はほとんどテクニカルなことに終始し、プライベートについて本田はあまり語らなかった。唯一言及したのが、「イタリアではプライバシーが尊重されているか」という質問に対してのこの答えだ。

「今はまだ何とも言えない。イタリアに来てほんの3ヵ月だし、家からあまり出ることもない。でもミラノの町は好きだよ。一番好きなのはミランだけどね」