2014.03.21

絶好調のハーフナー・マイク。代表に呼ばれない今の心境は?

  • 中田徹●文 text by Nakata Toru photo by AFLO


 フィテッセのハーフナー・マイクがオランダリーグ3試合で計4ゴールと調子を上げている。2ゴールを決めた3月1日のローダJC戦(3-0)では、全国紙『アルヘメーン・ダッハブラット』と、専門誌『フットボール・インターナショナル』の週間ベスト11にも選ばれた。

好調をキープしているフィテッセのハーフナー・マイク かつてデンマーク代表の名ストライカーとして鳴らし、現在はローダJCの指揮を執るヨン・ダール・トマソン監督は、「リーグ1の長身(194cm)ストライカー、ハーフナーへのマークを離してしまったら、ヘディングで決められてしまうのは当然」と、ハーフナーの打点の高いヘディングシュートを絶賛した。

 今季決めた9ゴールの内訳は、ヘッドが5ゴール、左足が4ゴール。いずれも豪快なものばかりだ。例えば10月27日のフローニンゲン戦(2-2)で決めたヘディングシュートは、地面に叩きつけたボールが跳ね返り、フローニンゲンゴールの天井に突き刺さるほどだった。

 また、最近になって目を引くのは、左足によるスーパーゴールだ。12月7日のPSV戦では左からのクロスに対し、オランダ代表CBのカリム・レキクを身体でブロックしながらスライディングシュート。さらに2月23日のRKCワールワイク戦ではスライディングボレーでゴールを奪い、3月1日のNACブレダ戦でも真横からのクロスをニアサイドからボレーで決めた。

 このように今季のハーフナーは、驚くような規格外のゴールを披露している。だが、ハーフナー自身は、25試合で9ゴールという数字は物足りないと語っている。開幕前、「今季はエールディビジ(オランダリーグ)の得点王を狙う!」と宣言していただけに、納得のいっていない思いがあるようだ。