2021.04.02

ガンバ大阪のタイトル奪取へのキーマン、韓国代表チュ・セジョンの正体

  • 高村美砂●取材・文 Takamura Misa
  • 牛島寿人●撮影 photo by Ushijima Hisato

ガンバ大阪
チュ・セジョンインタビュー

宮本監督のラブコールに応じて、今季からガンバ大阪に加入したチュ・セジョン宮本監督のラブコールに応じて、今季からガンバ大阪に加入したチュ・セジョン  韓国代表のボランチとしても知られるチュ・セジョンが、宮本恒靖監督からの2年越しのラブコールに応えるべく、ガンバ大阪への"移籍"を決断したのは「ミッドフィルダーとして、もうワンランク、成長するため」だった。過去に受けた中東や中国からのオファーには振れなかった気持ちが、初めて動いた。

「Kリーグはフィジカルや運動量をたくさん求められるパワフルなサッカーをするのに対し、Jリーグはパスや戦術という部分で、より精密な、細かい部分が要求される。また、サッカーの試合のテンポもKリーグより速い。

 ミッドフィルダーとして、そうした環境に身を置くことで見出せる成長はあるはずだし、すばらしい能力を持った選手がたくさんいるガンバの中盤でプレーすることで、韓国とは違う、いい刺激をたくさん受けられると思い移籍を決めました。

 また、個人的な目標の1つである、次のカタールW杯で代表メンバーに選ばれて活躍するためにも、不可欠な選択だと思いました」

 その決意の大きさが伺えたのは、ガンバの昨年の戦いについての印象を尋ねた時のことだ。ピッチの中で、周りとのコンビネーションがより求められるボランチを主戦場とすることもあって、準備は周到だった。

「今年も宮本(恒靖)監督が指揮を執ることもあり、加入までに昨年のガンバの試合はすべて映像でチェックしました。予備知識としてできるだけ多くのことを知っておくことが、加入後の助けになると考えていたからです。