2020.03.29

ミキッチの情熱的なプレーは、
見る者のサッカー観を変えてしまった

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

最も印象に残っている
Jリーグ助っ人外国人選手(6)
ミキッチ(サンフレッチェ広島、湘南ベルマーレ/DF)

 スタイリッシュな風貌とは対照的に、そのプレースタイルは泥臭く、情熱的。

 長髪をなびかせてピッチを颯爽(さっそう)と駆けるクロアチア出身のスピードスターは、決して器用ではなかったが、衰え知らずの運動量とがむしゃらさを前面に押し出し、長きにわたってサンフレッチェ広島の右サイドに君臨し続けた。

サンフレッチェ史上最高の助っ人ミキッチ ミハエル・ミキッチが広島にやって来たのは2009年のこと。前年に圧倒的な強さでJ2を制した広島がJ1に復帰したシーズンである。

 Jリーグデビューは衝撃的だった。

 開幕戦の相手である横浜F・マリノスを4−2と一蹴。J1復帰戦での快勝の立役者となったのは、右サイドで躍動したミキッチだった。

 ボールを持てば果敢に仕掛け、相手の守備網を鋭く切り裂くと、18分にCKを獲得し、同点ゴールを導く。38分には猛烈なスプリントで裏に飛び出し、柏木陽介のゴールを演出した。