2020.02.27

古橋亨梧「プロ入りを諦める」から飛躍。
ビジャから盗んだプレーを生かす

  • 高村美砂●取材・文 text by Takamura Misa
  • photo by SportsPressJP/AFLO

 もちろん、僕にはゴールやアシストだけではなく、チームを助ける前線からの守備も求められています。そのことを考えれば、簡単な目標ではないと思うけど、リーグ戦では”ふた桁(ゴール)・ふた桁(アシスト)”を目指しながら、初めてのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも、チームがアジアナンバーワンになるための、ゴールやアシストをできるだけたくさん決められる自分でいたいと思っています」

 その思いを体現するように、今年最初の公式戦、富士ゼロックススーパーカップでは、前からのプレッシングで相手守備陣のミスを誘って、今季初ゴールを奪った古橋。続く、ACLの初戦、ジョホール・ダルル・タクジム戦でも相手に同点ゴールを許した直後、強烈なミドルシュートで追加点を奪った。

 ゼロックスでは2トップを組み、システムを変えて臨んだACLでも、ともに前線を預かった新加入選手、FWドウグラスと奏でる攻撃のハーモニーは、相手に脅威を与える大きな武器になりそうだ。

「ドウグラスはシュートもうまいし、前を向いた時の迫力もすごくある。ポストプレーや周りを使うプレーもうまいですしね。何より僕にはない”高さ”という武器も持っているので、本当に万能だなと。彼のいいところを生かしながら、また、僕を含めた周りの選手のいいところも知ってもらって、お互いがいい”効果”になっていけばいいなと思っています」

 その背中には、今年から新たにつけた『11番』が刻まれている。FC岐阜に入って、プロ1年目に初めてつけた背番号だ。自ら志願し、胸にある覚悟を表明した。