2019.12.28

14年前の野洲高V経験者が目指す
「セクシーフットボールの復権」

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • 高橋 学●撮影 photo by Takahashi Manabu

2020年のセクシーフットボール 野洲高校メンバーは今
青木孝太(2)

年末年始に行なわれる恒例の全国高校サッカー選手権大会。今から14年前、普段は名のある強豪が上り詰める『優勝』の座に、突如無名の高校が輝き、ファンの熱狂を呼んだ。卓越したボールテクニックとコンビネーションで、セクシーフットボールと言われた滋賀県の野洲高校だ。当時のメンバーに話を聞いた。

◆ ◆ ◆

 野洲高校のエースストライカーとして臨んだ、第84回全国高校サッカー選手権大会。初の”選手権”の舞台に立った青木孝太は、『優勝&得点王』になること以外、考えていなかった。

第84回全国高校サッカー選手権優勝時の青木孝太。一直線にゴールを目指すエースストライカーだった 何より、チームメイトの存在が心強かった。走ればスルーパスを出してくれる、司令塔の平原研がいて、後にJリーガーとなる楠神順平と乾貴士の両ワイドは、ドリブルで2人、3人と抜き去る技量を持っていた。中盤の底からはキャプテンの金本竜市がパスを散らし、攻撃をリードした。

 野洲高のメンバーは、中学時代を滋賀県のセゾンFCで共に過ごし、中高の6年間で多彩な攻撃パターンを作り上げた。そのフィニッシャーとして、一直線にゴールを目指す。それが青木のプレースタイルだった。

 高校サッカー選手権、初戦の相手は東京代表の修徳高校。前半23分に乾のゴールで先制すると、後半17分には、青木が平原のスルーパスを受けてドリブルで切れ込み、左足でシュートを流し込んだ。

 この得点は青木のシュートもさることながら、アシストをした平原のプレーが異次元だった。ノールックのヒールパスで3人のDFの逆を突き、走り込む青木へとピタリと通したのである。青木は言う。

「(平原)研は天才ですね。『ケン!』と呼んで走れば、いいパスが来るんです。正直、プロになってからも、研が出すようなパスは受けたことがないですね」

 平原-青木のホットラインは野洲高のストロングポイントだった。ハイライトは2回戦の四日市中央工業戦だ。後にキャプテンの金本が「市立船橋や国見などの強豪と試合をしましたけど、四中工のプレスは別格でした」と語るほど、強烈なプレッシャーを受けた一戦である。