2018.11.11

ブレない川崎が連覇。黄金時代
到来のために必要な次の一手は?

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya photo by KYODO

 相手が引いて守っても、高さのある選手を投入して放り込むという選択はしない。観る側も、川崎が相手の堅い守備をどうやって崩すのかをワクワクしながら楽しんでいる。相手がどこであろうと、自分たちのサッカーを最後までやり切る。やり切れば勝てるという自信、それが川崎の強さだろう。

 チームの中心は、もちろんベテランの中村憲剛であり、得点ランキング日本人トップの小林悠であり、次代の川崎を背負う大島僚太だろう。だが、そんななかで今季の家長の安定感を忘れてはならない。体が強く、キープ力もあり、シュートも打てる。川崎移籍2年目の今季は、アシスト、さらに自ら仕掛けるなど、攻撃に幅が出てきた。そしてシーズンを通して、力を発揮した。

 ただし、今季の川崎について、忘れてならないのは、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の結果だ。Jリーグ王者として参加しながら、グループリーグで1勝もできずに敗退した。来季もリーグ連覇の王者としてACLに参加する。不甲斐ない成績は許されない。

 川崎には、優勝賞金を使った、ACLとJリーグの2冠を達成できるぐらいの補強を期待したい。それが、本当の黄金時代到来の第一歩になるはずだ。


関連記事