2018.06.04

J1昇格ライセンスのない町田ゼルビア。
それでも4位のモチベーション

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

 J2第17節、町田ゼルビアは愛媛FCをホームに迎え、2-1で勝利した。

 立ち上がりから主導権を握りながらも、先制を許す嫌な試合展開だったが、前半のうちに同点に追いつくと、後半に勝ち越し。鮮やかな逆転勝ちだった。

 町田は前節、同じくホームにファジアーノ岡山を迎えた一戦で、1-3と敗れていた。町田の相馬直樹監督曰く、「時間帯は違うが、(愛媛戦同様)自分たちのリズムで試合を進めながら、(得点を)取り切れずに先制された」試合は、その後、立て続けに追加点を許し、完敗に終わった。

 だが、今節の愛媛戦では「前回を教訓に、失点後、崩れなかった」と相馬監督。決勝ゴールとなるPKを決めたFW鈴木孝司も「前節と同じ過ちを繰り返さないよう、いい準備をしてきた」と胸を張る。

 これで、町田は勝ち点を29に伸ばし、首位の大分トリニータとは勝ち点5差の4位。あと4節でシーズンの折り返し地点を迎えるという現在、優勝にも手が届きそうな好位置につけている。

現在4位と好調な町田ゼルビア 思えば、町田はJ2再昇格1年目だった一昨季にも、同じように好スタートを切っている。第17節終了時点の成績で比較すると、順位は同じ4位ながら、勝ち点31は今季の数字を上回っていた。