2018.05.23

J3トップを争うセレッソU-23。
その育成はバルサ型かレアル型か

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AFLO SPORTS

「そうそう、スペインではセカンドチームはどうなってるの? 下から引き上げるのうまいよね。うちも若い子が育っていて、底上げになりそう。昇格することができたりしたら、面白いんだけどね」

 先日、セレッソ大阪の関係者に、そう声をかけられた。

 セレッソのセカンドチームであるセレッソ大阪U-23はJ3に所属。第11節終了時点で3位と健闘している。例年、J3で戦うU-23のチームは中位以下が定位置なだけに、特筆に値する成績と言えるだろう。レギュレーションによって、J2に昇格することはできないものの、昇格に相応する順位を争っている。

 昨シーズン、ルヴァン杯、天皇杯の2冠を達成したセレッソにとって、セレッソU-23はどんな役割を果たしていくことになるのだろうか?
 
セレッソ大阪U-23を率いてJ3を戦う大熊裕司監督 5月19日、ニッパツ三ツ沢球技場。J3第11節、セレッソU-23はYSCC横浜と敵地で戦っている。先発メンバーの平均年齢は20歳。ベンチメンバーを含めると19.81歳という若いチームだが、J3で研鑽を積んできた選手が多いのが特徴だろう。その経験が今シーズン、実りとなりつつある。

「(セレッソU-23は)J3参戦も3年目になります。1年目は17~18歳の選手が多かったのですが、経験を積むことでプロのスピードに慣れてきて、本来のクオリティを出せるようになってきました。選手たちは”トップに上がる”という高い志を持って、いいトレーニングができていると思います」(セレッソU-23・大熊裕司監督)