2018.05.04

「断トツの降格候補」ではなかった
V・ファーレン長崎、大健闘のわけ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Nikkan sports/AFLO

 J1第12節、鹿島アントラーズがV・ファーレン長崎に2-1で勝利した。

 今年25周年を迎えたJリーグで、最も多くの成功を収めてきたクラブと、最も新しいJ1クラブとの対戦は、”格の違い”が示すとおりの、ある意味で順当な結果に落ち着いた。

 だがしかし、今季初めてJ1に昇格してきたばかりの長崎も、ただただ立場をわきまえ、弱者のサッカーに徹するだけではなかった。それどころか、いい意味で長崎から”がむしゃらさ”や”ひたむきさ”をさほど感じなかったのは、鹿島が相手でも”至って普通に”戦い、がっぷり四つに組むことができていたからだろう。

「王者」鹿島相手にも怯まずに戦っていた長崎 象徴的なのが、先制されても臆することなく取り返した同点ゴールである。

 試合開始早々の4分に先制したことで鹿島は、「(勢いに乗って)前からプレッシャーをかけてくるかと思ったが、ブロックを作って守ってきた」と、長崎の高木琢也監督。鹿島の大岩剛監督によれば、「もう1点取りにいこうと思ったが、選手のギアが上がり切っていなかった」からだったが、試合巧者の鹿島がイケイケにならず、慎重に試合を進める選択をした以上、その守備網を破るのは簡単ではないはずだった。

 だが、ピッチを横に広く使ってボールを動かし、ジワジワと鹿島陣内に攻め入った長崎は18分、短いパス交換で鹿島のマークをズラすことに成功。マークのズレで生じたスペースに潜り込んだMF米田隼也が縦パスを受け、ゴール前へクロスを送ると、これをFW鈴木武蔵が頭で叩き込んだ。鹿島の慎重策を出し抜く、完璧な同点ゴールだった。