2018.04.12

小林悠、大島、杉本…ハリル解任で
J戦士のW杯チャンスは増えたのか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

 4月11日に各地で行なわれたJ1リーグ第7節。観客席、メディア、そしてなによりピッチに立つ選手たちに、どこか色めきたつところがあった。ヴァイッド・ハリルホジッチ日本代表監督が電撃的に解任され、新たに西野朗技術委員長が監督に就任。ワールドカップ直前で代表メンバーの行方は振り出しに戻り、今まで外れていた選手にも可能性が出てきたからだ。

 はたして、西野ジャパンはどのような編成になるのか? その期待感の先にあるものがたとえ何だとしても、Jリーグにおけるカンフル剤にはなっている。

 第7節、等々力陸上競技場で行なわれた一戦は、国内で最も代表候補の多いカードと言えるだろう。昨シーズンのリーグ王者である川崎フロンターレ対同じくカップ王者であるセレッソ大阪の対決。「代表視察」にはふさわしい好カードだ(試合は1-2でセレッソ大阪が勝利)。

日本代表としても期待される大島僚太(川崎フロンターレ)「Jリーグはインテンシティが低い」

 ハリルホジッチはそう嘆いていたが、これはなにも彼だけではない。アルベルト・ザッケローニ、ハビエル・アギーレも、同じ指摘をしていた。

 この試合、両チームを通じて強度の高いプレーで一番安定していたのは、川崎FのFW小林悠(30)だろう。

 小林はギャップを探してボールを受け、反転して左足でシュートを放つなど、派手さはないものの、理知的な動きと腰の強さを見せている。ボールの落下点を読み、ポジションに入ってからの跳躍も高く、ヘディングも高いレベルにある。昨シーズンのJリーグ得点王、MVPだけに、ハリルホジッチの選ぶメンバーにも入っていたが、西野ジャパンでも当確に近いのではないだろうか。