2017.12.03

川崎Fを優勝に導いた小林悠が
「あれが転機」という深いインタビュー

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 今季のJ1リーグは、最終節に大宮アルディージャを5−0で下した川崎フロンターレが、ジュビロ磐田とスコアレスドローに終わった鹿島アントラーズを得失点差で上回り、まさに劇的というにふさわしい逆転優勝を飾った。これまで幾度となくタイトルに手をかけながら、ことごとくチャンスを逸して「シルバーコレクター」「万年2位」といわれてきた川崎Fにとって、まさに悲願が成就した瞬間だった。

 この日のドラマチックな試合のなかで、3得点を挙げ、優勝の機運を大きく引き寄せたのが川崎FのFW小林悠だ。涙と笑顔の入り交じる歓喜のセレモニーを終えてメディアの取材に応じた小林悠はそのなかで、今季の「ターニングポイント」として、あるインタビュー取材について言及した。

 今季から任されたキャプテンの重責と、エースストライカーとしての得点への渇望──。取材者とのやり取りを通じて、その葛藤にひとつの解を示し、最終的にJ1リーグ得点王となるきっかけともなったSportivaのインタビューを、ここに改めて紹介したい。

* * *

川崎フロンターレ・小林悠インタビュー(後編)

 川崎フロンターレの小林悠は、寝室の扉の内側に目標を書き記した紙を貼っている。その場所を選んだのは、起床とともに毎朝必ず見ることで、より強く意識できるからだという。

 2017年になって、新たに書き直した紙は全部で3枚。うち2枚には「タイトル」と「全試合出場」の言葉が綴られている──。

点を取ることへのこだわりは以前と変わらない小林悠

 今季から指揮官が鬼木達監督となって、キャプテンを任されるようになった小林に、チームの何が変わったのかを聞けば、こう答えてくれた。

「昨季までは攻撃のところに特化していて、その分というわけではないですけど、やっぱり簡単な失点というか、チームとしてオーガナイズできていれば防げた失点というのがあった。オニさん(鬼木監督)は、その隙を出させないというか、攻撃しているときもリスク管理をするとか、攻撃している中でも守備時のマークを確認させるなど、守備の意識を徹底してくれている。

 今まではどちらかというと常にイケイケな感じでしたけど、今季は(谷口)彰悟とか(大島)僚太が、しっかりバランスを取ってくれている。チームとしても、勝つために今、攻撃に打って出ていいのか、それともボールを大事にしたほうがいいのか、というアンテナを張れるようになった」

 今季の川崎には手堅さがあり、試合巧者のようにすら見えるのはそのためだろう。今年の1月1日、天皇杯決勝で敗れて、その悔しさから小林は勝つことにこだわるようになった。「たとえオウンゴールで勝っても、勝ちは勝ち。勝ち点3がプラスできるならば最高にうれしいし、それでいいとすら思えるようになった」とまで言う彼の姿勢は、確実にチームにも伝播している。