2017.02.02

「最後までピッチにいたい」。
歓喜の裏で小笠原満男が感じていた無念

  • 佐野美樹●取材・文・撮影 text&photo by Sano Miki

(ベテランの)オレらが練習を休んでしまえば、他の選手みんなも休めると思ってしまう。そうしたら、チーム全体の負荷がどんどん落ちていく。オレらが文句を言えば、みんなも文句を言い始める。だけど、そういうことは許さないってことを、上の人たちみんながずっと示してきてくれたから、今がある。そこは、オレらも継承していかないといけないよね」

 負けず嫌いに、努力に、常勝軍団を確立していくのに、年齢は関係ない。その思いは小笠原だけが抱いているものではなく、過去の先輩たちから受け継がれている思いでもある。

小笠原満男の「常勝」への欲が失せることはない小笠原満男の「常勝」への欲が失せることはない 「それが、アントラーズの"カラー"だと思いますね。どんな選手でもみんな、やっぱりポジションは失いたくないから、ちょっとやそっとのことじゃ、練習を休まない。体のどこかがちょっと痛いと言って1日、2日と練習を休んで、スタメンから外れていった選手を、オレはいっぱい見てきていますから。そういうのがきっかけで、チームを去っていった人も見ているし......だから、最後まで諦めずにすべてにこだわりたいですよね」

 それでも、年齢を重ねることによって体力は衰えていく。その現実を、小笠原はどう見つめているのだろうか。

「体力的なこと、例えばスプリントの回数とかは、確かに(若い頃に比べれば)少なくなっているかもしれない。でも、今のほうが力の使いどころを知っているというか、試合の疲労度は、むしろ若い頃のほうがありましたね。筋肉痛とか。今は筋肉痛にはならないですから。