2016.07.23

リオ五輪「選ばれなかった」
このU-23選手がJ1で大暴れ

  • 飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

“託された者”たちの戦いが、いよいよ始まろうとしている。

 手倉森ジャパンが出場するリオ五輪の初戦、ナイジェリア戦が8月4日(現地時間)に迫っている。代表メンバーに選ばれた選手たちは7月21日、落選した選手たちから託された”リオ五輪への思い”“日の丸を背負って戦うプライド”を胸に、開催地ブラジルへと旅立った。

 もっとも”託す者”たちの戦いは、すでに始まっている。

「”託す側”と”託される側”に分かれるだけで、決して落とされたり、外されたりという話じゃない。”託す側”になった選手は、ここからA代表を目指すだけなんだ」

 五輪代表の手倉森誠監督が、選手たちにこんなメッセージを送ったのはメンバー発表前、最後のテストマッチとなった6月29日の南アフリカ戦だった。

 選ばれるのは、わずか18人。その中にはオーバーエイジの3人が含まれるため、五輪世代である23歳以下の選手は、15人しか選出されない。そうした人数制限に加え、ポジションやチーム戦術との兼ね合いもあるため、たとえ落選したとしても、力不足だけが理由ではない。

 実際、”託す側”に回ったメンバーの中には、J1のクラブでレギュラーとして活躍している選手たちが何人もいる。そんな男たちの中から、この夏注目の3選手を紹介しよう。

 1人目は、サガン鳥栖のMF鎌田大地(19歳)だ。