2021.04.09

日本人No.1ドリブラーは誰か。元日本代表のレジェンドがトップ10を決定

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by AFLO

過去から現在を含めた日本人サッカー選手で、各ポジションなどでナンバーワンと言える選手は誰なのか。同じトップレベルを経験した目線で、これを元選手に語ってもらう。今回はかつて日産自動車、横浜マリノス、日本代表で、名ドリブラーとして活躍した、水沼貴史さんが登場。「コテコテの」という条件で、歴代日本人ドリブラーランキングを決めてもらった。

◆ ◆ ◆

独特のドリブルで相手を抜きまくった、金田喜稔(写真左)と与那城ジョージ(同右)独特のドリブルで相手を抜きまくった、金田喜稔(写真左)と与那城ジョージ(同右) 10位 与那城ジョージ(元読売クラブ)

 彼は日本に「ドリブルはこういうふうに使うんだぞ」と教えてくれた最初の人だと思います。読売クラブ時代にジョージさんがボールを持つと、日産の僕らはほぼ取れなかった。対峙した時に、エラシコ(アウトサイド→インサイドの連続タッチ)と似ていてちょっと違う、クッと左斜めに持ち出すドリブルをやられたのがすごく印象に残っています。

 そのドリブルは、体を右方向に寄せながら、足首の捻りだけでボールを1タッチで左に持っていくイメージです。それをやられたら一瞬で置いていかれて、次の瞬間にはものすごいスピードで突破していくんですよね。そこからピッチの中央をグングンと突き進んで危険なエリアに進入していき、最後はシュートを打たずにパスをするのがジョージさんでした。

 あのフェイントから一度スピードに乗らせると、もう手がつけられなかったですね。僕らもいろいろとチームで対策を練るんだけど、いつもその上を行かれてました。ジョージさんがいる時の読売には、日産は勝てなかった記憶しかありません。ぜひ今の人たちにも、ジョージさんのドリブルは見てもらいたいなと思います。