2019.06.27

なでしこ熊谷の涙。若手のチャレンジを
支えたベテラン4人の想い

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 なでしこジャパンのワールドカップが終わった。グループリーグから決勝トーナメントに進み、この大会4試合目で打ち破るべき壁の前に立った――。最後は混戦からオランダ代表のフィフィアネ・ミデマーのシュートがブロックに入った熊谷紗希(オリンピック・リヨン)の腕に当たってハンドの判定になり、VARでも判定は覆らずPKに。これが日本にとって、トドメの一撃となってしまった。

オランダ戦後、最後にピッチに集まったベテランたち「なんとしても前半は耐えて無失点」

 選手たちは口々にそう語っていた。ひとたびリードを許せば、追いつく力が今の自分たちにはないと自覚していた。だからこそ、警戒していたセットプレーで先制点を奪われた時には、嫌な予感しか生まれなかった。オランダの3トップを抑えるために、ボールの出どころのアンカーをケアし、サイドはスピードが出る前にコースを切って対応。守備がハマりつつあっただけに、17分という早い時間帯で決められたことは計算外だった。

 ところが、この日のなでしこは前半のうちに追いついた。43分、杉田妃和(INAC神戸)、菅澤優衣香(浦和レッズレディース)とつないで岩渕真奈(INAC神戸)にボールが入ると、食いつく相手を得意のターンでかわし、DFの間を縫うように前線へボールを出す。絶妙なタイミングで裏へ抜けた長谷川がこれを落ち着いて決めた。グループリーグのままの日本であったら、0-1で折り返していただろう。

 1-1で迎えた後半は、日本のペースに持ち込むことができた。とくに、後半頭から黙々とウォーミングアップをこなし、その時を待っていた籾木結花(日テレ・ベレーザ)が投入された72分以降は攻撃が活性化した。長谷川がDFに囲まれながら股抜きシュートを放てば、杉田が切り返して放ったシュートはクロスバーを直撃。GKのファインセーブに阻まれた籾木の渾身の左足シュートなど、ゴールを匂わせる瞬間は数多くあった。

 ここまでの試合で、最も日本らしいサッカーを展開したが、ここぞの決定力は発揮されず、オランダ1点リードのまま、日本がワールドカップで聞く最後のホイッスルが響き渡った。