2018.04.09

なでしこ、W杯出場への初戦を
4-0勝利も浮かない表情なのはなぜ?

  • 早草紀子●取材・文・写真 text&photo by Hayakusa Noriko

 来年に控えたワールドカップフランス大会の出場権と、女子アジアカップ2連覇を狙うなでしこジャパンの初戦は、格下のベトナムを相手に4-0で勝利をおさめる結果となった。

ボランチのポジションで効果的な動きをしていた猶本光 開始直後のファーストチャンスを決めた横山久美(フランクフルト)の先制弾を皮切りに、17分には岩渕真奈(INAC神戸)がライン際からゴール前へ折り返したボールに中島依美(INAC神戸)がしっかりと合わせた。後半には、横山のCKからのこぼれ球に対して猶本(なおもと)光(浦和レッズ)がダイレクトでシュート性のクロスを放ち、岩渕がコースを変えて決めた。最後は、ビルドアップしてきた鮫島彩(INAC神戸)のシュートが弾かれたところを田中美南(日テレ・ベレーザ)が詰めた。

 しめて4ゴール。大会直前に行なわれたガーナ戦同様、それぞれ異なる形でのゴールだった。ただ、勝利にもかかわらず、試合終了後、表情を曇らせる選手たちがいた。

「初戦は難しい……」と語ったのは阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)だ。今や、ボランチの阪口の相棒は試合ごとに入れ替わる。この試合で組んだ猶本を優先的に生かす、いつものやり方で全体をサポートしていく阪口。それを受けた猶本は中盤で効果的な動きを見せていた。

「体の向き(入れ方)がわかってきたから怖くなくなった」(猶本)というプレーは、しぶとくプレスにくる相手をかわし、かねてから意識してきた球際の鋭さもしっかりと表現できていたが、阪口はその先の展開に納得できていない。つまりは決定機だ。