2014.06.25

日本が最下位に沈んだ最大の理由。コロンビア戦全選手採点

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by JMPA

 今、多くの人が落胆している理由は、グループリーグ最下位に終わった前々回のドイツW杯ではなく、ベスト16入りした前回南アフリカW杯の成績に基づいている。 

 そこに間違いのもとがある。

コロンビア戦直後のザッケローニ監督 前回のベスト16は率直に言ってマグレだった。そのグループリーグ最終戦。立ち上がりからデンマークに押し込まれ、劣勢を強いられる中で、本田、遠藤のFKが立て続けに決まったわけだが、そんな展開は100回に1回も望めない。滅多に出ないサイコロの目が出たことで、ベスト16入りを果たしたが、それを実力通りの結果だと思い込んでしまった。次も普通にやれば、ベスト16には行くだろうと思っていた。

 危機意識の欠如。謙虚さ不足。

 それが4年後の今回、日本がグループリーグ最下位に沈んだ最大の理由だと僕は思う。ザッケローニは率直に言ってダメだった。すべてにおいて足りない監督だった。しかし、その彼を選んだのも、4年間代表チームを預けたのも日本サッカー協会だ。またそこに、メディアもファンもプレッシャーを掛けてこなかった。その多くが4年前の成績に基づき、楽観的になっていた。

 選手は全力を出したと思う。ベストを尽くしたと思う。ファンやメディアは、コロンビアに大敗して間もない今、選手に怒りの矛先を向けたくなるかもしれないが、本来の順番は違うはずだ。彼らにはきちんととした指導、教育を受けられなかったという言い分がある。