2021.05.05

監督に暴行、教師を妊娠…ネットでのデマ、中傷に負けず泉正義が野球を続ける理由【2020年度人気記事】

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

「先輩たちは団結力がすごくあって、きつい練習をみんなで声をかけ合って乗り越えてきたので。僕は先輩たちが試合に出るほうがいいと思います。その雰囲気は自分たちの代でもマネしたいです」

 ただ試合に使うだけでなく、誰もが「試合に出る資格がある」と認める選手に育てる。それが泉の新たな挑戦なのだ。

── もし野球がなかったら、どんな人生だったと思いますか?

 泉に聞くと、「たぶん、まともな人生じゃないですよね」と笑い、こう続けた。

「野球があったから救われたところはあります。恩返しだなんて大層なことは言えないけど、こんな田舎のチームでも子どもたちに野球の楽しさを教えて、少しでも貢献できたらいいなと思います」

 今もネット上でのデマの流布や誹謗中傷は続いているという。

 それでも、泉が卑怯な攻撃に屈することはない。たとえ道を外したとしても、いくらでもやり直しがきく。泉正義は自分の人生をかけて、そのことを証明しようとしているのかもしれない。

関連記事