2020.11.24

赤星憲広が選ぶ「現役最強外野手」。 鉄壁だった最強外野陣の3人は?

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Kyodo News

──セ・リーグではDeNAの佐野恵太選手、パ・リーグではオリックスの吉田正尚選手が首位打者になりましたが......。

「その2人や、日本ハムの近藤健介選手なども打撃では申し分ないのですが、守備力や走力が物足りない。日本ハムは、西川遥輝選手と大田泰示選手もいいですけどね。西川選手に関しては、走塁はもちろん、今シーズンは打率が3割を超えるなど打撃面も調子がよかったので、もう少し肩が強ければというところでしょうか。特に広い、ホーム球場である札幌ドームでの試合でランナーに本塁に生還されるシーンが目立ちます。大田選手は走攻守のバランスがいいものの、どれも突出していない印象がありますね。

 昨シーズンの盗塁王である西武の金子侑司選手は、守備もうまいですけど打撃面が今後の課題です。巨人の丸佳浩選手はすごくバランスがいい印象。また、同じ巨人の亀井善行選手は肩が強く守備力が高くて、打撃面と走塁も優れています。ただ、彼もさすがに38歳になって動きが落ちていることもあるので"3傑"に選ぶのは難しいです」

──打撃や走塁が優れた外野手が多くなっている印象がありますが、守備だけで魅力がある選手はいますか?

「ロッテの和田康士朗選手の守備はいいですね。チームOBの岡田幸文を彷彿とさせる守備範囲の広さ、打球への"一歩目のスタート"はピカイチだと思います。さらなる成長を考えると、脚力があるゆえに捕球に適したポジションより行きすぎてしまうことがあるので、これから試合経験を積み重ねてその感覚を磨いていってほしいです」