2020.01.31

ヤクルトの球団方針を覆した岩村明憲。
八重樫幸雄もひと目で「すごい」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

――中西さんといえば、若手時代の若松勉さんや、八重樫さんの指導者でもあります。八重樫さんからご覧になって、岩村さんへの指導は、かつて自分が教わったことと一緒なんですか? それとも、時代に応じて変化しているんですか?

八重樫 基本的には同じでした。僕も中西さんも同じ指導をしているから、その点は岩村もスムーズに受け入れやすかったのかもしれない。だから、僕らもさらに熱が入る。選手に信用してもらうと、指導者としても教えがいがあるからね。でも、中西さんの場合は「時代に応じて」というよりは、「個人に応じて」という感じで、その選手の体格や体の状態に応じて指導するタイプです。あらためて、中西さんは立派な指導者だなと思いましたね。

――どうしてですか?

八重樫 中西さんは僕らがいる前でしか指導しないんです。バッティングコーチもいるわけだから、その点はきちんと一線を引いていました。そして、本人に言うのではなく「今、ガン(岩村)はこうなっているから、こんな指導をしたほうがいいのでは?」と、僕らにもアドバイスをくれたりしたんです。

【池山隆寛の存在で、岩村はさらなる成長を】

――のちに岩村さんはメジャーリーグでも活躍しますが、ある関係者から「性格もプロ向きだった」と聞いたことがあります。八重樫さんからご覧になって、岩村さんの性格はどのように見えていましたか?

八重樫 素直でチームに迷惑をかけないいいヤツでしたよ。ただ、自分の考えをしっかりと持っていて、先輩に対しても向かっていったりしたから、「岩村は生意気だ」と思ったヤツもいただろうね。でもプロで一流になるのは、どっちかっていうと人の意見を聞かない”変人”が多いから、それでいいんだと思うけど(笑)。

――八重樫さんは岩村さんに対して、どんなことを注意したんですか?

八重樫 岩村には、「反抗してもいいけど、チームには迷惑をかけるなよ」と何度も言いました。その点については何も問題なかったですよ。あとは、池山(隆寛)の存在も大きかったと思います。