2019.11.16

異色右腕・松本直晃のトライアウト。
来年父になる男の「夢の続き」

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Nishida Taisuke

「まだできるという気持ちが半分、もう半分は『よくここまでできたな』という気持ちです。この4年間は夢みたいな時間でした」

 今年西武から戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトに参加した松本直晃(なおあき/28歳)は、自身の現役生活をこう評した。

トライアウトで環太平洋大時代の先輩である亀沢恭平(写真右)と再会を果たした松本直晃 松本が辿ってきた野球人生には、「夢みたいな」という表現がしっくりくるほどの”異色さ”がある。

 東海大翔洋高(現・東海大静岡翔洋高/静岡)、又吉克樹(中日)が同期にいた環太平洋大(岡山)では一貫して内野手。本格的に投手となったのは、大学卒業後のことだった。

 大学を卒業して直後の2013年に、鳥取県内で病院や介護施設を運営している医療法人の養和会に入社。入社と同時に創部された軟式野球部に入り、野球人生で初めて投手を務めることとなった。

 幼少期から自信を持っていた肩と内野手時代に培われた指先の感覚を生かし、キャリアの浅さを埋めていく。転向から約2年で、軟式球で141キロを計測するまでに成長を遂げた。

 投手として目覚ましい台頭を続ける松本の可能性に、周囲は魅せられる。所属チームの監督は「もっと上を目指してみないか」と提案。入団テストにあたるトライアウト参加を経て、四国アイランドリーグplusに戦いの場を移した。

 2015年に香川オリーブガイナーズに入団。握るボールが軟球から硬球に変わっても、松本の成長は止まらなかった。

 おもに抑えとして41試合に登板し、防御率は1.00。ストレートの最速は151キロに達した。同年のドラフトで西武から10位指名。軟式時代を合わせて3年、硬式ではわずか1年の投手歴でNPBにたどり着いた。

 ルーキーイヤーの2016年、9月11日のソフトバンク戦でプロ初マウンドを経験し、3年目の昨シーズンは中継ぎとして24試合に登板した。松本が昨シーズンを振り返る。

「去年は本当にかなりのチャンスをいただきました。悪いながらも使っていただいたという気持ちがあって、実力での登板が半分、もう半分は運に恵まれたと思っています。ファーム落ちがちらついてきた時に、ほかのピッチャーにケガが出たり、調子が落ちてきたり。そういった事情のなかで、チャンスをいただいたと自分では思っています」