中日・大野雄大の運命を変えた試合。「もう辞めたい」→ドラ1になる (2ページ目)

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

無料会員限定記事

 それから毎晩、同級生と自宅近くの河川敷を走るようになった。野球だけでなく遊びにも一生懸命な大野ゆえに、母は「続かないだろう」と思っていたそうだが、その読みを見事に裏切り、その結果、1年後のある大会で無四球完封。その活躍が京都外大西の監督(当時)だった三原新二郎の目に留まり、大野の野球人生はさらに広がりを見せた。

「僕はいつも最初につまずいて、そこから『くそっ!』って這い上がっていくタイプ。うしろから、先を行っているヤツを追いかけるほうが燃えるんです」

 京都外大西でも悔しさの連続だった。2年生の夏、チームは甲子園準優勝という大きな結果を残したが、脚光を浴びたのは1年生のリリーフ本田拓人で、背番号1を背負っていたのは大野と同級生の北岡繁一だった。

 また、優勝した駒大苫小牧では2年生の田中将大が大活躍し、決勝戦も大野はベンチから見つめていただけで、登板のないままその夏は終わった。

 悔しさのなかで迎えた新チームの秋の大会。大野は京都大会で奮闘し、3位決定戦では15奪三振の快投でチームを近畿大会へと導いた。しかし、センバツ出場をかけた近畿大会では、またしても登板なし。

 のちに「高校時代ではあの時が一番悔しかった。やっぱり自分には信頼がないのかと......」と振り返った時期だ。

 冬には再びこの悔しさを力にし、厳しい練習に励み、翌春のセンバツでは先発を任されるも初戦敗退。

 最後の夏を迎えるにあたり、大野はブルペンで"10球連続ストライク""7球連続(右打者の)インロー"などノルマを課し、とにかく投げに投げた。

 そして迎えた京都大会。チームは順調に勝ち進み、準々決勝で京都すばると対戦した。その試合、大野は2点ビハインドの8回裏から登板。劣勢のなか、大野は雄叫びを上げながら力投すると、その気迫がナインにも伝わり、9回表に打線が爆発し逆転。2年秋から監督を務めていた上羽功晃が「高校時代の大野のベストピッチ」と評した投球で勝利をもぎとった。

無料会員限定記事の続きは、現在メンテナンス中のため閲覧できません。メンテナンス期間は以下を予定しています。

6⽉17⽇(⽉)午前10時 〜 6⽉24⽇(⽉)午前中

  • メンテナンス終了時刻は状況により前後する可能性がありますのでご了承ください

機能開始までもうしばらくお待ちください。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る