2018.03.19

『キャプテン』の近藤を地でいく男・
鈴木博志は中日の救世主となるか

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 その走り姿からは「ドタドタドタ!」という効果音が聞こえてきそうだった。

 2月中旬、中日・北谷(ちゃたん)キャンプの陸上競技場で、投手陣がシャトルランに精を出していた。スリムな体型、軽やかな身のこなしで駆ける投手が大半のなか、厚みのある肉体を重そうに引きずり、今にも地面に倒れ込みそうな青息吐息の投手がいた。

 この投手こそ、中日のドラフト1位ルーキー・鈴木博志だった。身長181センチ、体重95キロ。その立派な体格と鈍重な走り姿は、不朽の名作漫画『キャプテン』のキャラクター「近藤」を想起させた。

昨年のドラフトで中日から1位指名を受けて入団した鈴木博志 今どき立ち方、歩き方からこだわって練習するアスリートが珍しくない時代に、この鈴木の存在は良くも悪くも際立って見えた。

「ムリっす……。キツイです……」

 ランメニューを終え、鈴木はストレートに弱音を吐いた。しかし、表情には明るさがあり、言葉通りプロの練習に戸惑っている様子は見受けられなかった。

 むしろ心配を覚えたのは、ランメニューの前に入ったブルペンでの投球練習だった。

 休日前ということもあったのだろう。鈴木の体はいかにも重そうで、本来の武器であるスレトートはいい球と悪い球がはっきり分かれた。

 社会人・ヤマハ時代の鈴木は最速157キロの快速球を武器にしていた。1球見ただけで「モノが違う」と思わせる、エンジンの強さと迫力。そのような剛球は影を潜めた。

 そんな心配をよそに、鈴木は「ブルペンでダメでも、実戦になると変わるので。悪くてもなんとも思ってないです」とあっけらかんと語った。このあたりは鈴木のおおらかさがポジティブに作用しているようだった。

 1年前の3月、静岡・草薙球場でキャンプを張っていたヤマハを取材したことがある。当時、美甘将弘(みかも・まさひろ)監督は心配そうな顔で鈴木についてこんなことを言っていた。

「今年でドラフト解禁ですけど、課題も多いですし、まだ早いのかなと。私としては『社会人のエース』と呼ばれるようになってから(プロに)行ってほしいんですけどね(笑)」