2017.09.23

荒木大輔が振り返るトミー・ジョン手術。
日本で3人目に迷いはなかった

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

シリーズ「もう一度投げたかった」──荒木大輔(前編)

 2016年7月に1786日ぶりの勝利を挙げた由規(東京ヤクルトスワローズ)が、今シーズンは3勝をマーク、150キロを超える快速球も取り戻した。そのヤクルトスワローズには、いまから約25年前にも、手術→長期間のリハビリを経て復活を果たした投手──甲子園のスターからドラフト1位指名で入団した荒木大輔がいた。  

 プロ5年目の1987年に10勝を挙げ、スワローズの若きエースとして飛躍が期待された矢先の1988年シーズン半ば、右ひじの痛みに襲われる。その後、トミー・ジョン手術を受け、マウンドに上がるまで実に4年、1541日の月日を費やした。1992年9月に感動的な復活を果たし、のちにチームのリーグ優勝、翌年の日本一に貢献した荒木大輔が「手術とリハビリの日々」を語る。

1982年、ヤクルトに入団した当時の荒木大輔

──早稲田実業のエースとして5季連続甲子園出場を果たした荒木大輔さんですが、プロ入りに際しては、自信がなかったそうですね。

「はい。1982年夏の準々決勝で『やまびこ打線』と恐れられた池田高校(徳島)に2対14で敗れました。高校最後の試合ですべてを粉砕されたこともあって、自分がプロで通用するという自信は持てませんでした」