2013.11.23

細山田武史「もう一度、人生を賭けてみる」

  • 高森勇旗●文 text by Takamori Yuki

 すると細山田は、「迷わずいく」と即答した。捕手としてのこだわりよりも、プロ野球選手であることへのこだわりが勝るといったところだろうか。だが、最後にこう付け加えた。

「どんな状況であれ野球が続けられるのであれば、絶対にキャッチャーをやるチャンスは来るからね」

 そう語る細山田の顔は、「オレはプロの世界で捕手として生きてきた。これからもプロの捕手として生きていく」という決意がにじみ出ていた。

 1回目のトライアウトを終え、「今後の予定は2回目のトライアウトに向けて調整することしか考えていない」と答えた細山田。そんな彼のもとに、11月22日、もう一度プロ野球の世界で勝負するチャンスが与えられた。新たな舞台は、出身地である鹿児島県に近い福岡ソフトバンクホークス。育成選手として細山田を獲得したのだ。新天地で再起にかける心境を早速聞いてみた。

「1回目のトライアウトを受けて1週間が経ったとき、正直、諦めかけていたけど、チャンスはもう1回ある。1%でも可能性があるならそこに向けて調整しようと練習した。それでダメなら仕方ない。腹をくくった感じかな。そんな中で、突然電話がかかってきた時は本当に嬉しかった。それは、ドラフトで指名された時とは比べ物にならないくらい嬉しかった。ドラフトの時はさ、ダメでも社会人野球でやる道があったし、次があった。でも、今回はまったく何もないからね。もう1回、プロの世界で勝負ができる、今は前向きな気持ちしかないよ」

 腹をくくってからの朗報。見事に逆境を跳ね返し、大逆転と言ってもいいであろうこの状況に、細山田は浮かれることなく、実に冷静に答えてくれた。

 セ・リーグからパ・リーグへ。そう、斎藤佑樹と同じリーグになる。

「こう言っちゃ何だけど、オレは自分のことで精一杯だから、斎藤に関してどうのこうのって言うのはないよ。1日でも早く支配下選手になって、チームに貢献したい。でも、やっぱりここ最近調子がよくない斎藤は心配ではあるよ。たまに電話して話をするけど、また調子を取り戻してお互い活躍できたらいいよね」