2018.11.14

マリナーズのミッチ・ハニガーが明かす
「クラブハウスでのイチロー」

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • 五十嵐和博●写真 photo by Igarashi Kazuhiro

―― 現在、マリナーズにはイチロー選手がいます。チームにとって彼の存在というのは?

「僕にとってはテレビで見ていた選手なので、彼がクラブハウスに入ってきて、話をしてくれるということが、なんだか夢のようでもあります。僕らが目指すべき選手ですし、歴代でもベストなプレーヤーのひとり。彼自身、野球というスポーツに対してすべてを捧げてきた人で、常に向上心を持って臨んでいる。だから、見習うところは本当に多いんです」

―― イチロー選手は偉大であるがゆえに、時に近寄りがたい雰囲気もあるのかなと想像してしまいますが、クラブハウスなどではどんな人ですか。

「じつに愉快な人ですよ。フィールドでは当然、仕事としてチームの勝利のために最善を尽くしてくれるのですが、クラブハウスやミーティングの場ではジョークを言ったりしますし、常に僕らをリラックスさせてくれます。みんな彼のことは大好きです」

―― イチロー選手から、日米野球に出場するにあたって何かアドバイスはもらいましたか。

「そういうのはなかったんだけど、僕の方から『日本に行くことをとても楽しみにしている』と伝えました」

―― それに対して、どんな言葉が返ってきましたか。

「『すごくいい国だし、楽しめると思う』と。僕がこの機会を得られたことをすごく喜んでくれました」

―― 現在、多くの日本人選手がメジャーでプレーしています。彼の印象についてお聞かせください。

「彼らを見ていつも思うんだけど、基本に忠実で、攻撃、守備、走塁といったすべてにおいてハードにプレーする。とても規律正しく、オールラウンドな選手が多いと感じています。守備もうまいし、打者は粘り強く三振をしない。メジャーのなかには、打撃だけに集中して守備にはまったく力を入れないという選手もいるけど、日本人はたとえ守備が得意でなくても練習して向上しようとしている選手が多い印象があります」