2020.07.20

富山は「高岡勢」優位。県下ナンバーワン右腕ら有望株がグイグイ成長

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Kyodo News

 昨夏、初のベスト4に進出した水橋の4番・奥野里玖斗(りくと)は、強いスイングで鋭い打球を飛ばす。捕手としてもリードの巧さと目配りに長けている。奥野とバッテリーを組むエース・寺松来は、球威あるストレートで三振を奪える好右腕だ。水橋は学校再編に伴い、21年度末で閉校が決まっているため、単独チームとして大会に挑むのは今夏が最後。何とか爪跡を残したいはずだ。

関連記事