2020.09.09

【新車のツボ169】アルピーヌA110。意外なほど尻軽感がたまらない

  • 佐野弘宗●取材・文・写真 text & photo by Sano Hiromune

 アルピーヌA110はフランスのルノーがつくる2人乗りスポーツカーだ。先日、ルノーF1チームが来たる2021年シーズンからアルピーヌに改名することからもわかるように、名前こそアルピーヌでも中身は100%純粋なルノー製である。

 アルピーヌとはもともと1955年にフランス北部のディエップという港町で創業されたスポーツカーメーカーで、エンジンなどはルノーのものを使っていた。そんな縁もあって、アルピーヌは当初からルノーの援助のもとでモータースポーツ活動にもはげんだ。

 とくに62~77年に生産された元祖アルピーヌA110はオンロード/オフロードの両方で活躍して、73年にはラリーで世界タイトルも獲得した名車だった。しかし、アルピーヌはその全盛期だった73年にあえてルノーに吸収合併される道を選んで、ルノー競技部門の母体となった。

さらば、F1グリッドガール。全20戦を彩った美女たちの写真を一挙公開!