2012.09.12

【新車のツボ40】
ジープ・ラングラー 試乗レポート

  • 佐野弘宗+Sano Hiromune+●取材・文・写真 text&photo by

 今をときめくSUVの、そもそもの元祖は第二次大戦中に活躍した軍用車ジープである。"ジープ"の名は現在クライスラー傘下のSUV専門ブランドになって、最新鋭SUVを数多くラインナップする。しかし、そのなかに1台、元祖ジープの血統を色濃く受け継ぐモデルが生き残る。"ラングラー"という。

 このオレンジのラングラーは"アンリミテッド"といって、長短あるボディのうちのロングのほう。一見すると風変わりな背高ワゴンにしか見えないが、その基本構造は元祖ジープそのままだ。ちょっとした工具があれば屋根もドアもさっぱり取り外せて、そうすれば「世界一開放的なオープンカー」になる。また、タイヤを囲むオーバーフェンダーもボディと別体の樹脂製なので、それも外せばタイヤもむき出し(ただし、タイヤむき出しで一般道を走るのは日本では違法)。

 もっとも、写真のように屋根とドアをつけておけば、室内にはエアコンもパワーウインドウもオーディオもナビも備わり、日本仕様は右ハンドルにオートマ......だから、現代のSUVとしての快適性や利便性になんら不足なし。......と書くと「やっぱりカタチだけそれ風のナンチャッテと同じじゃん!」とのツッコミも出そうだが、断じてそうではない。

 だいたいドアの開け閉めから、ラングラーはちょっとフツーでない。ヒンジ(=蝶番)が外側にあり、ドアが開きすぎないためのストッパーも簡素なナイロンベルト。窓は電動開閉式だが、内側の内装材もごく薄い。シート位置もハッキリ高く、ちょっとヨジのぼる感覚。ダッシュボードの奥行きはすさまじく短く、ドラポジを合わせると、背筋をピンと伸ばした姿勢に自然とおさまる。

 こうしてドアを開けてシートに座るだけで、ラングラーにはマニアのツボをそそるミリタリーな血統感が濃厚にただよう。