2018.06.16

W杯D組でメッシのいる
アルゼンチンより戦力充実の国がある

FIFAより詳しい3人がW杯を語り尽くす webスポルティーバ「蹴球最前線」vol.7

 いよいよ4年に一度のフットボールの祭典、FIFAワールドカップがロシアで開幕。この企画では、世界トップの試合の魅力、そして観戦術を目利きたちが語り合います。
 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。
 今回のテーマは、グループDについて。4年前の準優勝チームのアルゼンチンは、今度こそ優勝なるか? メッシが輝くためにどう戦うのか? 初出場のアイスランド、強豪クロアチア、ナイジェリアもいる注目のグループだ。

1

関連記事