2016.03.25

ニューバランス ジャパンがゴルフカテゴリー参入を発表

 

 3月23日、ニューバランスジャパンが都内本社にて、ゴルフカテゴリーへの参入と、芦澤信雄プロ、藤田寛之プロとのフットウエア契約を発表した。

左からニューバランス ジャパン代表取締役社長・冨田智夫氏、藤田寛之プロ、芦澤信雄プロ、TSIグルーヴ&スポーツ代表取締役社長・仙座学氏 これまでランニングをはじめ、ライフスタイル、テニス、ベールボール、フットボールのためのフットウエアを展開してきたニューバランスが、今年の7月発売の秋冬シーズンモデル、ゴルフカテゴリーに新たに参入する。これに伴い、3種類のゴルフシューズが発表された。

 発表会では、一般発売に先駆けてそのゴルフシューズを履いて今シーズンを戦う、芦澤プロと藤田プロのふたりが登場してトークショーを行なった。

 履き心地について、藤田プロは「一番気に入っているのはフィット感。自分の動きやスイングの全く邪魔をしないというところです。その柔らかさが足に優しいので、非常に足の疲れが少ない感じがします」と感想を述べ、好感触を得ている様子。

 最後に今シーズンの目標を聞かれた芦澤プロは、「シニアツアーを主にして、年間2勝、3勝できるよう、賞金王目指して、ニューバランスを履いて頑張りたいと思います」と語り、藤田プロも「今年で47歳になりますが、優勝争いをして、ニューバランスの靴を履いて優勝カップを持つシーンというのを、一度は作りたいと思っていますので、そこを目指して頑張ります」と決意を述べた。

ニューバランスの高いファッション性に加えて、ランニングを中心に培ってきたフィット性とテクノロジーを生かしたゴルフシューズとともに、芦澤プロ、藤田プロの活躍にも注目したい。

1

関連記事