2021.04.15

壇蜜が語るサウナの魅力、自身が「整う」効果。「明日、バッチ来いって」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

@壇蜜さんインタビュー 後編 前編はこちら>>

今、サウナがブームだ。さまざまなメディアで取り上げられ、新型コロナウイルス対策を講じながらも、いろんなイベントが行なわれている。そこで女性サウナー・壇蜜さんへのインタビュー(後編)では、サウナの魅力と自身の関わりについて語ってもらった。

サウナの魅力について語った壇蜜さんサウナの魅力について語った壇蜜さん

―― 『サウナを愛でたい』(BS朝日)に出演以降、サウナをくわしく知ることで、入り方や施設に行った時の見方とか、自身に変化はありましたか。

壇蜜 私はサウナと水風呂があれば、そういうのに関する評価って沸点がかなり低いほうだと思います。ただ、できればサウナタイマー、12分計がどの施設にもあるとありがたいなと思うようになりました。

 本当に好きだったら出たいと思った時間が出る時間だ、なんておっしゃる方もいるんですけど、私は時計がないと不安なタイプなので、みんなで見られるサウナタイマーがあるとありがたいなと思うようになりました。そのぐらいですね。

―― 壇蜜さんのサウナ歴は今年で4年目ですよね。

壇蜜 だと思います。もともとサウナには入ってはいたんですが、そんなに長い時間いられなかったんですね。ジムのプールで、ミストサウナから始まって、そこからプール仲間、サウナ仲間がちょっとずつできていって。長い時間入れるようになって、銭湯に行くようになったり、スパに行ったりとかっていうのが広がっていったので、実質何年かがちょっと曖昧なんですよね。

 ただ、泳げるようになってサウナに入れるようになったというのはつながっているので、そこが2017年から18年ぐらいというのは正しいと思います。それまで私はほぼカナヅチ状態で。教えてもらって初めて泳げるようになって、プールにいられるようになったからスチームサウナの存在を知り、入るようになったという感じですね。

―― 今は、週にどれくらいのペースで行かれているんですか。

壇蜜 3ぐらいかな。ただ、コロナ禍後でちょっと減ったかもしれないです。